Polyphony Digital - ポリフォニー・デジタル Polyphony Digital - ポリフォニー・デジタル

WHO WORKS HERE

People 社員インタビュー

グラフィックスエンジニア

Graphics Engineer

STAFF INTERVIEW

早稲田大学理工学部情報学科大学院卒業後、新卒で2008年入社。『グランツーリスモ5』以降、グラフィックスエンジニアとして映像のアップコンバートやオクルージョンカリングなどを担当。

  • グラフィックスは楽しい

    小学校のとき、父が自分でゲームするためにMSXが家にありました。MSXはゲームカートリッジを刺さないで起動するとBASICが立ち上がるんです。そこに本や雑誌で見たプログラムを意味もわからずそのまま入力してみたのが最初です。

    中学になって部活で知識のある友人と出会ってから少しずつプログラミングを学び出しました。プログラミングにはいろいろな分野がありますが、「見た目が変わる」という意味で、グラフィックは楽しいと思いました。

    例えば部活では「磯野波平の髪の毛の本数が起動するたびにランダムで変わる」プログラムを遊びでつくったりしていました。

  • グラフィックスエンジニアが集まるコミュニティに参加

    高校に入ってからも、「きれいな線を引くには」「三角形をうまく塗りつぶすには」といった基本的なプログラミングについて試行錯誤をして、その過程を公開するブログのようなものを始めました。

    すると、同じようなことを書いている他のブログとコメントを付け合ったり、やがてそういったブログをまとめるアンテナサイトに載るようになったりして、いつしか日本のグラフィックスエンジニアが集まるコミュニティに紛れ込んで、IRCで夜な夜な議論していました。

    大学は早稲田のAO入試の第一期生で、入学試験は教授陣の前で次世代データアーカイバーについてプレゼンテーションをして合格しました。グラフィックとは全然関係ないんですけれど、当時はそれが一番面白かった。同級生や教授にも恵まれて、友人が起業したソフト開発会社でアルバイトしたり、バイクで旅行に行ったりして学生時代を過ごしました。

  • 新卒でも能力があれば応募可能

    大学院に進学し、友人と「そろそろ就活だね」という話をしていたら、彼が「ポリフォニー受けなよ。あそこは希望する年収金額を書けるから」と提案してきたのがきっかけです。調べてみると中途採用向けの応募フォームしかなくて、一方で新卒でも能力があれば応募してよい、みたいなことも書いてあって戸惑いましたが、その友人が背中を押してくれて応募しました。

    「グランツーリスモ」は好きで、初代GTからずっと『ツーリスト・トロフィー』も含めてプレイしていて、「グランツーリスモを創った男達」っていうマンガも愛読していました。それに、ゲーム機はPCやウェブブラウザのような制約が少なくて、目的のためにハードウェアから開発できるという自由度にも魅力を感じました。

    採用試験の山内との面接で、初代GTの仕様について質問したら「そこに丹さんいるから聞いてみようよ」って連れて行かれて、直接質問できたのがとても印象に残っています。「『グランツーリスモを創った男達』に出ていた丹さんの本物がいる!」って。

  • オクルージョンカリングへの挑戦

    入社時はちょうど『グランツーリスモ5』の開発中で、ゲーム内でSD素材のムービーをどうやって劣化を少なくHD画面で表示するかという部分の担当をしました。ちょうどPlayStation®3のアップコンバートがとても綺麗だよね、という話があって、SCEに協力依頼をしたりもしました。

    それ以降はコースの周辺にある木などのオブジェクトの処理に関わり、『グランツーリスモ6』ではPlayStation®3のSPUを活用したオクルージョンカリングを担当しています。画面に映らない背景部分をどうやって省略して処理を軽量化するかという話ですが、事前にSPUを使って表示範囲を小さくシミュレートしてからGPUに描画をさせる工夫をしていて、通常ではユーザーにはわからない部分ですが、かなり上手く行ったと自分では思っています。

  • ポリフォニー・デジタルの特徴

    外部から買ったゲームエンジンを使っているゲーム開発会社が多いですが、ポリフォニーはすべてを上から下までフルスクラッチでつくっています。全部を自分たちでつくりたいようにつくって、すみずみまで把握できるっていうのは、エンジニアにとっての醍醐味ではないでしょうか。

    普通だったら上から仕様が降ってきたり、もしくは外から何か買ってこようという局面で「自分でゼロから書きましょう」と提案できる社風であることは、かけがえがないと思います。

    ソニーというハードウェア開発の先端企業との距離が近いことも、なかなか他の企業では味わえないアドバンテージではないでしょうか。あとは個人的なことですが、娘が生まれたので、時間に融通が効くこの会社は子育てする社員にとっては最高だと思います。もちろん、ルーズな方に流されない自制心が必要なのですが。

  • グラフィックスエンジニアの募集について

    社内のエンジニアの中で、取り組みたいことはたくさんあるのですが、手が足りていません。ひとつひとつの案件はとても専門的で、たとえば特定の物体の表面で光がどう動くか、といった内容です。フルスクラッチでゲームエンジンをつくることでハードの性能をギリギリまで引き出し、そういった細かいディテールの積み重ねが可能になるのだと思っています。

    もちろん、募集要項にあるすべての知識やスキルをカバーしたスーパーエンジニアのような人が来たら素晴らしいですが、そうでなくても、「この分野については負けない」というような明確な強みを持った人に来てほしいです。自分も入社時点ではグラフィック以外の知識は弱かったですし、本人が研究熱心であれば、最終的には知識は後から学ぶことができますから。

PEOPLE

- 関連職種のインタビュー